トランスミッションオイルという言葉を聞いても何だかわからない人も多いでしょう。

自動車の潤滑油の中で、ギアの潤滑を目的としているオイルです。

最近の車は、化学合成オイルで劣化防止剤や防錆剤などが添加されており、自動車に適した純正

オイルがもっとも良いとされています。

このトランスミッションオイルの交換はどの程度で行ったら良いかわからない人も多いでしょう。

エンジンオイルの場合であれば、3000キロから5000キロがもっとも良いとされ、オイル2回に1回の

オイルエレメントを換えるのが通常で、これは、オイルチェンジの際に距離を記録される為、ドラ

イバーが気にしやすいですが、トランスミッションオイルとなれば目安が分からないことがある

でしょう。

ただ、トランスミッションオイルはエンジンオイルほど頻繁に換えるものではなく、2万キロに1回

が最適と言われていますが、4万キロかTら5万キロでも全く問題がありません。

新車から初回のオイルチェンジはデーラー系のリース車などでは5万キロから5万5千キロで、2回目

以降が4万キロから5万キロなどの頻度で行われます。

大抵の場合、車検などで点検がされて、入れ換えが好ましいと判断されることがタイミングとな

ります。