トランスミッションオイルはスムーズなギアチェンジやギアを保護するという役割を持つオイ

ルで自動車にとってとても大切なものの一つです。

オイルというだけ合ってもちろん消耗品ですので、ある一定の時期がくれば交換をする必要が

あります。

このトランスミッションオイルが交換されないまま古くなってしまうと、金属片がオイルの中に

混ざってしまい、ギアを傷つけてしまったり、ギアチェンジの際にこの金属片がギアとギアの間

に挟まったりして大きな負担をかけてしまうことになってしまいます。

基本的にはこのトランスミッションオイルの中に金属片が混ざってしまう前に交換する必要があ

ります。

トランスミッションオイルは走行距離5万キロが交換の目安になっているといわれています。

この5万キロを過ぎて交換しないでおくと交換が難しくなってしまいますので注意が必要です。

トランスミッションオイルの選び方としては今までその車に使用されていたものと同じ、純正の

ものを選ぶのが一つの方法です。

純正でないものを選ぶ際には、純正品と同じ粘度を持っているものを選ぶようにします。

トランスミッションオイルは車によって様々な種類があるため、適切なものを選ばないと車の故

障につながってしまいます。