ATフルードの交換について

| 未分類 |

プラグ交換はまずプラグカバーをはずす必要があります。プラグカバーはボルトで締め付けられ

ていることが多いので、ラチェットハンドルなどを使用してプラグカバーを取り外します。プラ

グカバーを外すとプラグコードがプラグホールに刺さっているのが見えます。そしてプラグコー

ドを引き抜きます、プラグコードを引き抜くとプラグが見えます。プラグが見えたらプラグレンチ

でプラグを外します。プラグを取り外すさいに非常に硬い場合は鉄パイプなどで左右から力をかけ

てやると緩みます。そしてすべて取り外すことが出来ましたら今度はプラグの取り付けです。プラ

グレンチにプラグをセットして差し込みます。そして時計回りに締めこみます。プラグの締めつ

けは、手で軽く締めつけて、きつくなったところから4分の1回転ほど回して締めつけます。すべて

のプラグを取り付けたら、あとは元通りにします。そして最後にボルトを締め付けてプラグラグカ

バーを取り付けます。作業をするさいに気をつけることがあります。プラグを外した後に、異物が

入らないように吸気口をマスキングテープなどで養生します。そして、しっかりと締めることも忘

れないように気をつけます。締め込みが緩いと後でエンジンに異音が生じる事もあります。